HOME 製品案内 サービス体制 会社案内

製品案内  PRODUCTS

AXN 自動インデックスチャック
 
製品精度・生産性向上に威力を発揮。
 

SMW-AUTOBLOKのAXN型インデックスチャックは、45°・60°・90°・120°の割出以外にもご要望により、特殊な割出も設計製作致します。
AXNチャックは下の写真の様なワーク加工に最適で、貴社の生産性の向上に必ず貢献できるものと思います。
この事は数多くのリピートオーダーが、証明しています。

 
ワークを掴み直す必要が無いため高精度   このような製品加工に最適です。
   
最高回転数が高いためサイクルタイムを向上  
   
チャックボディの焼入れ・研磨で高剛性・高精度  
   
PDFカタログダウンロード仕様を見る  
   

このような製品加工に最適です。

 

ANX の特長

下記特長バナーをクリックしますと詳細内容がご覧いただけます。

ワンチャッキングで多面加工が可能   ボディ焼入れ、 研磨・密閉オイルバス構造
シンプルで高剛性・高精度を保つ 割出機構   耐遠心力構造により高速回転が可能
割出位置検知機構が標準装備   3ツ爪・4ツ爪チャックへの 載せ換えが可能
 
 

ワンチャッキングでの多面加工

一回のチャッキングで以下の多面加工を行えます。

 

チャックサイズも以下を標準装備で準備しております。

割出角度  

45° (8面加工) 60° (6面加工)
90° (4面加工) 120° (3面加工)

 
サイズ  

210 235 254 280 315
360 400 460 570 680 850

     
     

ボディ焼入れ、研磨・密閉オイルバス構造

内部部品・チャックボディー共に焼入れ・研磨をすることにより、極めて高い剛性と精度を保持できます。又、内部は密閉オイルバス構造で、外部からの粉塵の侵入を防止し、部品の摩耗や劣化を防ぎ、長期間の高精度を保持できます。

 
 

シンプルで高剛性・高精度を保つ割出機構

2つのピストンにより位置決めを行います。
割出しシャフトは大きな面で確実・高精度に行うことができるよう設計されております。

 

4×90°の場合

       
P1 に加圧   P2 に加圧   P1 に再度加圧

P1 に加圧

 

P2 に加圧

 

P1 に再度加圧

割出シャフトはポジション1にロケーターでロック

 

Bが後退し、割出シャフトAをフリーにする。そしてCが前進しAを45°回転させる

 

ロケーターBが前進し。シャフトAを90°回転させている間にフィンガーCは後退する

 
 

耐遠心力機構

通常、遠心力によりクランプ力は減少しますが、AXNは本体内部の
オリジナル機構にて遠心力を補正するため≪高速回転が可能≫になっております。
*AXN254サイズにて最高回転数3600r.p.mが可能です。

 
耐遠心力機構  

カウンターウエイトMで遠心力による圧と図Pからの圧とのバランスをとりクランプ力の減少分を補正します。

 
 

後部割出位置検出機構

後部割出位置検出機構  

AXNは、左記のオリジナル位置検出機構が標準装備になっております。電源のON/OFFに関係なく常に割出位置を確認しております。そのため急な停電時にも安全にご使用頂くことが可能です。近接機構はクリーンなエリアにあるため保守も容易です。

 
 

3ツ爪・4ッ爪チャックへの載せ換えが可能

インデックス用のワークがなくなったり、工程が変更になった場合に機械を有効に使用するために3ツ爪チャック 、4ツ爪チャック(HYD-S)への変更が可能になります。
フロント部のみの交換になりますので、約15分~30分で交換可能です。

 
主軸貫通穴を有効に利用できる大口径フロントドライブチャック  
主軸貫通穴を有効に利用できる大口径フロントドライブチャック

HYD-S : 標準ストローク・インチセレーション3/32°×90°

HYDL-S : ロングストローク・インチセレーション3/32°×90°

HYDLL-S : 超ロングストローク・インチセレーション3/32°×90°

 
 

PDFカタログダウンロード仕様を見る

ページトップへ
製品案内
 
 
PDF カタログ
 

SMW-AUTOBLOK株式会社

愛知県名古屋市西区比良1-56

TEL.052-504-0203