catalog

自動芯出し振れ止め装置

pickup_item

世界をリードする
SMW-AUTOBLOKに自動芯出し振れ止め装置

SMW-AUTOBLOK 自動芯出し振れ止め装置は、ワークサイズ・加工方法・機械仕様に合わせ多くのタイプを取り揃えております。現在、以下の2ライン12タイプをスタンダードシリーズとし取り揃えておりますが、お客様ご要望に沿った特殊対応の実績も多数ございます。

自動芯出し振れ止め装置 各種タイプ TYPE

スタンダードライン

SLU-X 1〜5.1 (8 サイズ)
密閉構造タイプ
グリス自動潤滑にも対応
エアパージのエア消費量大幅削減
シリンダー部のスリム化
ローラーピンをフラットに変更しワークとの干渉を減少
SLUB

3〜6 (7サイズ)
SLU型をベースにシリンダーを側面に取り付けたタイプ
シリンダーが後部に飛び出さないため、機械との干渉を低減

SLU-A 1〜6 (7サイズ)
ローダー対応によりアッパー側アームが大きく開くタイプ
SLUB-A 3〜6 (5サイズ)
シリンダー側面取り付けタイプ(SLU-B) + ローダー対応タイプ(SLUA)
SLU 1~6 (9サイズ)
SLU-Xの前モデル

プレミアムライン

SR  2〜6 (8サイズ)
今後の主力販売機種
密閉構造タイプ
エアパージのエア消費量大幅削減
クーラント/エアーフラッシュ内蔵
サイズ4以上はセンターアームもクーラントフラッシュ仕様
SRA 2〜6 (6サイズ)
SRのローダー対応タイプ
アッパー側のアームが大きく開きます
SR-CL
4~6 (4サイズ)
ワークを把握したまま芯の微調整が可能なタイプ
SRがベース
重量物を加工する場合、ワーク重量が変わるに連れ芯がズレます
その際に芯の微調整が容易に可能です
K 2〜6.1 (8サイズ)
コンパクトなボディでも広い把握範囲をもつタイプ
SR同様にクーラント/エアーフラッシュ内蔵
スペースの少ない小型機械でも大きなワークの加工が可能になります
KA

7~7.1 (2サイズ)
超大型ワークに対応したタイプ

KLU

215~540 (10サイズ)
ボディやアームの厚みを薄くしたタイプ
クランクシャフトやカムシャフトなどの把握部が狭いワークに最適

RX

3〜6.1 (5サイズ)
コンパクトなボディで広い把握範囲をもつタイプ
Kよりも広い把握範囲を持っており、1台でさまざまな径のワークを把握可能
油圧のブースターを内蔵
全長が非常に短くなるため、小型機械でも大きなワークの加工が可能になります

自動芯出し振れ止め装置の特長 POINT

furedome_point03

POINT01
自動芯出し振れ止め装置の構造

プルバックカムプレート構造により
センターアームを中心に両サイドアームを可動させます

アーム先端に取り付いている3個のローラーにて把握範囲内は常に中心に把握できるように設計されております。

 

furedome_point02

POINT02
広い把握範囲

1台で様々な径のワーク把握することが可能

SMW-AUTOBLOK独自の内部構造により、幅広い把握範囲を実現しました。

furedome_point03

POINT03
安全バルブ機構

突然の停電・緊急停止時に安心

安全バルブ機構により急激な減圧の際にもシリンダー内部の圧力を一時的に保持するように設計されております。
その為、アームが開くことなくワークを落とさないように支えることができます。

参考外観 SR

プレミアムラインは、密閉構造・アームからのクーラント/エアーフラッシュ機能を備える最上級機種になります。
SMW-AUTOBLOKの今までの知識・経験より生み出された最新機種です。

furedome_news01

お知らせ

SMW AUTOBLOK社製の純正フロントローラーは自動芯出し振れ止め装置用に開発された専用のローラーです。
類似品との差別化をはかるため、2014年から表面を黒色に変更しました。
フロントローラーはSMW-AUTOBLOK純正品をご使用下さい。

カタログダウンロード CATALOG