catalog

プルダウンチャック
TSシリーズ
PULL-DOWN CHUCK

pull-down_main

プルダウンチャック
TSシリーズ

SMW-AUTOBLOKのプルダウンチャックTSシリーズは、多くの標準機種・サイズを揃えており、用途にあった最適な機種・サイズを選択頂けます。
また、ワークにあわせた爪・ロケーター等の治具の設計製作も行っており、多くの実績があります。

プルダウンチャックTSシリーズの強み

POINT01 完全密閉仕様
(グリス封入型)
POINT02 総焼き入れ・研磨仕上げで高精度・長寿命
POINT03 微調整キーを使用することで、機上で爪の微調整が可能
POINT04 外径クランプ・内径クランプの変更が可能
POINT05 遠心力補正機構付きので高速回転での使用が可能
POINT06 ワーク把握中に掴み直しなく把握力の高低二圧切換が可能

プルダウンチャック
TSシリーズの特長
POINT

pull-down_point1

POINT01
爪の動作

  1. センタリング
  2. 引き込み
  3. クランプ(把握)

POINT02
3ツ爪・2ツ爪の2タイプ

3ツ爪

プルダウンチャックの3ツ爪仕様です。
フランジワークやシャフトワークのクランプに最適です。
セルフセンタリング・コンペンセイト、どちらの設定もあります。

2ツ爪

プルダウンチャックの2ツ爪仕様です。
異形ワークのクランプに最適です。
セルフセンタリング・コンペンセイト、どちらの設定もあります。

POINT03
TSF-C/TSR-Cセルフセンタリング型
プルダウンチャック

TSF-C


F型は主として第一工程に最適なチャックです。爪に首振機能がついているため、荒加工時にワークに倣って最適なクランプをすることができます。
また変形しやすいワークも爪のイコライズ機能により確実に6点当たりします。

TSR-C


R型は第二工程等、前加工済みワークを把握するのに最適なチャックです。爪は固定式のため、前加工済みのワークを精度よくクランプすることができます。そのため高い繰返し精度の要求されるワークに適しています。

POINT04
TSF-CP/TSR-CPコンペンセイト型
プルダウンチャック

シャフトワーク(センター基準)

コンペンセイティング機能

  • TSF-CP/TSR-CPはコンペンセイト機能がついています。
  • センター基準として素材ワークでも爪が均等な力でワークを把握します。
  • シャフト加工(センター基準ワーク)に最適です。

POINT05
TSF-RM/TSR-RMクイックジョーチェンジ型
プルダウンチャック

クイックジョーチェンジ機能


個々の爪に交換パレットを組み付けることにより、爪交換が容易に行うことが可能となります。
Tレンチ1つで爪交換が完了しますので、段取り替え時間の大幅な短縮により、生産効率が向上します。

カタログダウンロード CATALOG